TOP

コラム一覧

コラム詳細

【2024年度最新版】IT導入補助金でECが補助対象外に!代わりに使えるおすすめの補助金をご紹介!!

IT導入補助金

IT導入補助金 ECサイト

ECサイトの制作がIT導入補助金では対象外に?

令和5年度補正予算が閣議決定されてからは、徐々に詳細な情報がわかるようになってきました。補助金に関しても2023年同様、2024年からも「ものづくり補助金」や「IT導入補助金」が利用できます。

しかし、2024年から始まる補助金は、2023年と比べて幅広く内容が変更されています。そのため、これから申請を検討されている事業者は、今一度変更内容等をしっかりと把握しておくことが大切です。

特にその中でも、IT導入補助金については大きな変更点があり、ECサイトの制作に補助金が利用できなくなりました。

今回は、簡単にIT導入補助金の説明をしつつ、ECサイトの制作に活用できる補助金を探している事業者向けに、代わりに使える補助金について紹介します。


弊社では補助金の申請サポートを行っています。初回相談は無料ですので、是非お気軽にお問い合わせください。



2023年までのIT導入補助金はECサイトが対象だった!

IT導入補助金 デジタル基盤導入枠

2023年までのIT導入補助金には、「デジタル基盤導入枠」という申請枠がありました。デジタル化基盤導入枠ではEC関連ソフト等が対象となっており、IT導入補助金を活用すればEC制作を負担なく作れていたこともあり、人気がありました。

特にECサイトを新規で制作したい事業者にとってメリットがあり、ECサイトの制作にかかる費用の50万円以下(補助率:3/4)、50万円超~350万円(補助率:2/3)の補助額を受けることができます。

簡単に2023年のIT導入補助金を紹介しましたが、2024年からは従来の内容を引き継いでいるものもありますが、ECサイトの制作については廃止となりますので今後は活用できなくなります。

2024年のIT導入補助金ではECサイトが補助対象外に

IT導入補助金 EC対象外

上記で紹介した内容は2023年までのIT導入補助金であり、2024年からは「デジタル化基盤導入枠」自体が廃止されます。

「デジタル化基盤導入枠」の内容が全て廃止されるわけではなく、新たに新設される「インボイス枠」に引き継がれることとなりますが、ECサイトの制作については引き継がれません。

引き継がれる内容はPCやタブレット等のツールの導入にかかる費用であり、ECサイトの制作は補助対象外に変更となりました。

2024年のIT導入補助金の詳しい内容については、下記の記事でも紹介しているので、そちらも併せてご確認ください。

ものづくり補助金ならECサイト制作が補助対象!

ものづくり補助金 ECサイト

ものづくり補助金公式HP:https://portal.monodukuri-hojo.jp/

IT導入補助金同様、ものづくり補助金に関しても2024年度からは大幅な変更点がありました。主な変更点としては下記の通りとなっています。

・省力化(オーダーメイド)枠の新設

・製品・サービス高付加価値化枠の新設

・大幅賃上げに係る補助上限額引き上げ特例の拡充等

ものづくり補助金の変更点についての詳しい内容は、下記の記事でも紹介しているのでそちらも併せてご確認ください。

上記が主な変更点となりますが、ものづくり補助金においては引き続きECサイトの制作が補助対象となっています。

ここからはものづくり補助金でECサイトの制作を行うために選ぶべき申請枠等について詳しく紹介するので、ECサイト制作に補助金を活用したい事業者は参考にしてください。

ECサイトの制作には「通常枠」を選ぶ

ものづくり補助金には、従来まで「デジタル枠」が存在していましたが、現在では廃止となっており申請することができません。

ECサイトの制作デジタル枠が活用できないとなると、ECサイトの制作は対象にならないのではないかと思われる方も多いかもしれません。しかし、ものづくり補助金においては「通常枠」でもECサイトの制作が認められているため、採択されれば補助金を活用することが可能です。

ものづくり補助金「通常枠」の詳細

2024年からのものづくり補助金は、従来まであった通常枠単体の申請類型は存在していません。

2024年からは「製品・サービス高付加価値化枠」が追加され、その枠に「通常類型」が統合される形となっています。

対象者については従来と比べてそれほど大きな変更はなく、革新的な製品・サービス開発の取り組みに必要な設備・システム投資等を支援してもらえます。

通常枠の補助上限額と補助率

ものづくり補助金の通常枠の補助上限額と補助率は下記の通りとなっています。

従業員規模補助上限額補助率
5人以下750万円以内(850万円以内)1/2以内
小規模・再生 2/3
新型コロナ回復加速化特例 2/3
6~20人1,000万円以内(1,250万円以内)
21人以上1,250万円以内(2,250万円以内)

上記を見てもわかる通り、IT導入補助金に比べて規模が大きくなります。従業員規模が21人以上の場合は1,250万円以内(賃上げ要件を満たすと2,250万円以内)まで補助してもらえるなど思い切った支援をしてもらえます。

これまでにものづくり補助金でECサイト制作が採択された事例

ものづくり補助金 ECサイト 対象

IT導入補助金ではなく、ものづくり補助金でECサイト制作が補助対象となっている理由の一つとして、実際に採択された事例が多いことがあげられます。

下記では、実際にものづくり補助金においてECサイトの制作で採択された事例について簡単に紹介しているので、どのような取り組みが採択されているのかチェックしたい方は参考にしてください。

  • WEBサイト多言語化で 越境EC事業収益化
  • 地域特性を生したECサイト「地域掘り出しサイト」の開発
  • 道の駅を核とした新しい発想の通販サイトの開発

上記はものづくり補助金のECサイト制作で採択された事例の一部です。他にも採択された事例は多数ございますので、詳しくは下記公式サイトの「もの補助成果事例検索」を参考にしてください。

もの補助成果事例検索:https://portal.monodukuri-hojo.jp/jireisearch.aspx

ECサイトの制作にものづくり補助金がおすすめの理由

ECサイト ものづくり補助金

ここまでECサイトの制作にはものづくり補助金の通常枠での申請がおすすめと紹介しました。他にも補助金の種類はありますが、その中でもものづくり補助金がおすすめと言われる理由について紹介します。

資金調達の規模が大きい

数ある補助金の中でもものづくり補助金は、資金調達の規模が大きいことで知られています。例えば以前までECサイトの制作に活用できていたIT導入補助金は、デジタル化基盤導入枠で350万円までの補助額となっていました。

しかし、ものづくり補助金の通常枠は、補助額が750万円~1,250万円の規模となっており、さらに大幅賃上げ要件を満たすと850万円~2,250万円までの補助金を受け取れます。

資金調達の規模が大きいということは、それだけ新たに始める事業の幅も広げることができ、思い切った挑戦ができます。

他の補助金と比べても幅広いメリットがあるのがものづくり補助金なので、規模が大きい補助金でECサイトの制作まで対応しているものをお探しの事業者は、ものづくり補助金がおすすめです。

これまでにない新しい事業にチャレンジできる

ものづくり補助金は、新製品・サービスの開発や生産プロセス等の省力化に必要な設備投資等を支援する補助金であるため、新しいことにチャレンジしたい事業者向けの制度とも言えます。

事業者が新しいことに取り組もうとすると、必ずと言っていいほどコストがかかります。ものづくり補助金なら、新しい事業を始める際にもコストの負担を抑え、ECサイトの制作まで同時に取り組めるので、他にはないおすすめの補助金となっています。

ものづくり補助金の通常枠で採択されるコツとは?

ものづくり補助金 採択 コツ

ものづくり補助金を活用してECサイトを制作する際には、大前提として採択される必要があります。

ものづくり補助金の通常枠の採択率は50%程度であり、2社中1社は不採択の結果となっています。

申請するからにはできる限り採択されたいと考えている事業者が多いかと思いますが、採択率を少しでも上げるためには工夫が必要です。

ここでは採択されるためのコツとして最も重要なポイントを紹介するので、申請を検討されている事業者は参考にしてください。

専門家へ依頼する

ものづくり補助金などの規模が大きな補助金になると、非常に工程が多いことが特徴であり、知識がない方が申請から補助金支払いまで対応するのは難しいのが現状です。

実際に不備が少しでもあると不採択になるケースが多く、初めて申請をする場合は採択率が低くなる傾向にあります。

また、自社で全て対応するのは手間と時間もかかることから、申請をしたいけど諦めてしまう方も多いのが現状です。

このようなケースでも、補助金の専門家に依頼をすれば事前準備から補助金交付後の報告書まで全てサポートしてもらえます。

また、補助金のことを熟知している専門家が対応してくれるため、申請においても不備がなく、採択もされやすくなるのが特徴です。

特に中小企業庁が開催している補助金は複雑なものが多いため、何から始めたらいいかわからないと悩まれている方は、できる限り専門家のサポートを受けることをおすすめします。

加点項目を押さえる

ものづくり補助金には審査項目だけではなく、加点項目も存在します。加点項目は必ずしも取らなければならないわけではありませんが、取っておいた方が採択されやすくなる傾向にあります。

0よりも1、1よりも2というように、項目は多ければ多いほど採択率がアップするため、申請前には加点項目についてしっかりと押さえておくことも大切です。

ただし、加点項目は無理をすると事業における負担が大きくなることもありますので、無理のない範囲で取得しましょう。

まとめ

今回はIT導入補助金のデジタル化基盤導入枠が廃止されたことを受け、それに代わるものとしてものづくり補助金の通常枠の紹介をしました。

ものづくり補助金の通常枠であればECサイトの制作に活用できますし、規模も大きいのでおすすめです。


補助金オフィスでは、ものづくり補助金やIT導入補助金などの申請サポートを行っています。累計100件以上の採択実績と90%以上の採択率があります。事前準備から補助金交付後の報告書まで一気通貫で素早く確実にサポートさせて頂いております。詳しいサービス内容につきましてはこちらをご覧ください。


初回の相談は完全に無料となっております!是非下のボタンからお問い合わせください。