TOP

補助金・助成金参考記事

コラム詳細

補助金オフィスの補助金サポートのサービス内容について詳細解説!

資金調達や資金繰りは、企業にとって常に頭を悩ませる問題となっています。そこで積極的に活用していきたいのが補助金です。

さまざまな目的で活用することができ、事業転換や新しいサービスの開発など幅広く支援してもらえます。

そんな魅力的な支援制度ですが、誰でも活用できるわけではなく、まずは申請をして採択されなければ受給することはできません。

特にその中でも採択の有無に関わるのが必要書類(申請書)の作成です。この部分に手間がかかるため、利用したくても諦めてしまう企業も多いのです。

そこで活用したいのが「補助金の申請サポート」になります。今回は、申請サポートについて基本的な内容を説明し、弊社のサービス内容について詳しく紹介します。特に自分で申請する場合との比較ができるかと思いますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

補助金を活用することで解決できる課題とは?

屋内, オレンジ, テーブル, キッチン が含まれている画像

自動的に生成された説明

まず、企業が補助金を活用することの大切さや、具体的にどのような課題が解決できるのか見ていきましょう。

自己負担での事業投資リスクを削減できる

そもそも補助金を活用しないケースではどのように資金を確保するのかというと、大きく分けると2つです。主に自己資金を活用するか、融資を活用するかの2択となるでしょう。

これらのケースでは、事業投資をするにあたって100%の負担を背負うことになります。融資を利用するにしても必ず返さなければならないため、リスクは大きいと言えるでしょう。

しかし、補助金を活用したケースでは、自己負担を半分以上減らすこともできます。最大で0まで削減可能など、リスクを減らした状態で事業投資を行うことができるのです。

補助金の内容によっては多額の資金を確保できる

補助額は、補助事業の種類によっても異なりますが、例えばものづくり補助金では最大1,250万円、事業再構築なら1億円もの資金を調達することが可能です。

※ものづくり補助金公式HP:https://portal.monodukuri-hojo.jp/

どれだけいいアイデアがあっても、融資などで数千万円〜1億円の資金を確保するのは簡単ではありません。

補助金なら採択がされれば資金を確保できるメリットがあるため、利用可能であれば積極的に申請を検討したほうがいいでしょう。

補助金の申請サポートとは?

屋内, 冷蔵庫, 小さい, テーブル が含まれている画像

自動的に生成された説明

補助金の申請は自分自身で作成して提出することも可能です。しかし、複雑な書類の作成や、知識がないと採択される確率が大きく下がることから、申請を代行できる専門家に依頼するケースがほとんどです。

これらの代行を行ってくれるサービスが、申請サポートとなります。では、具体的にどのような専門家が申請サポートの対応を行ってくれるのでしょうか。

対応可能な専門家(対応していない場合もある)

申請サポートの対応が可能な専門家は下記の通りです。しかし、下記の専門家でも必ずしも対応しているわけではありません。中にはサービスの提供を行っていない専門家もいますので、依頼を検討している方は事前に対応の可否について確認してください。

・認定支援機関

・コンサルティング会社

・行政書士

・弁護士

・税理士

・中小企業診断士

・商工会、商工会議所

・金融機関

上記の専門家が主に対応を行っていますが、それぞれサービス内容なども異なります。この中でも認定支援機関やコンサルティング会社はサービスが充実していますので、さまざまなサポートを受けたい方は検討してみてください。

補助金の申請は自分でやることも可能?

人, 窓, 屋内, ノートパソコン が含まれている画像

自動的に生成された説明

補助金の申請は先程も紹介した通り、自身で行うことも可能です。しかし、自分で申請するにはある程度の覚悟が必要になることも事実です。その理由は下記で説明するので参考にしてみてください。

申請書の作成で手一杯になってしまう

初めて申請を行う方で知識もあまりないケースでは、申請書の作成だけで大幅な時間が取られてしまいます。実際に申請するには10枚ほどの事業計画書や必要書類、加点書類などを10点ほど用意する必要があるのです。

これらの書類を集めるには相当な時間がかかり、本業が回らなくなる可能性もあります。特に人手が足りていないところでは負担が大きくなることが予想されますので、効率の良さを考えても申請サポートを受けたほうが安心です。

せっかく申請書を作成しても不備があっては意味がない

自分自身で申請する際によくあるケースの中には、申請書の不備があげられます。せっかく苦労して作成したとしても、不備があっては審査に落ちてしまうのです。

特に審査に落ちてしまう初心者にありがちなことは書類の不備なので、不備なく作成する自信がないのであれば申請を代行してもらったほうが安心です。

弊社サービスの補助金トータルコンサルティングとは?

コンピュータ, 挿絵 が含まれている画像

自動的に生成された説明

弊社では、補助金の申請にお困りの方のためにトータルコンサルティングサービスを実施しています。あらゆる補助金の申請から受給までを支援しておりますので、申請の代行を任せたいと思われている方はぜひご相談ください。

ここでは弊社のトータルコンサルティングサービスについて、具体的にどのようなサービス内容となっているのかご紹介します。

申請準備から受給までを一括サポート!

弊社では、申請準備から補助金の受給に至るまで、煩雑な事務作業等を全面的にバックアップします。短納期を実現できながら、高品質なサービスを心がけておりますので、トータルでサポートを受けたいと思われている方はぜひご相談ください。

高い採択率と豊富な実績!

補助金の種類によっては採択されやすいものから難易度が高いものまで存在しています。難易度が比較的高いものでは、全国平均で採択率が40〜50%となっていますが、弊社では80%までアップさせることができます。

累計では50件以上の採択実績を誇り、各業界の特性に合わせたコンサルティングも得意です。高い採択率と豊富な実績によって補助金申請のトータルサポートを行っています。

リスクを極力減らした成功報酬型!

補助金の申請は、代行してもらったからといって100%採択されるわけではありません。そのため、依頼して採択されなければ追加料金が必要になるのではと思われている方も多いでしょう。確かに他サービスでは、不採択となった場合は新たに着手金が発生するところもあります。

しかし、弊社では成功報酬型を採用しています。そのため、何度も着手金などを支払う必要はありません。

また、報酬を支払うタイミングも「採択時」と「補助金受給時」の2段階です。分けて請求することでリスクを減らす体制を整えています。そのため、リスクを極力減らした成功報酬型で依頼したい方は、ぜひ一度ご相談ください。

総合経営支援にも対応している!

補助金を通すだけのサービスはたくさん存在しています。しかし、弊社では申請サポートだけではなく総合経営支援まで提供しています。

例えば機材やシステムの提案から広報戦略など、多様な支援を実施しています。申請書を作成するだけで終わることはなく、ご依頼いただけた企業様の半年後や数年後など、未来のことまでも共に考え、使える制度などをアドバイスし、全面的にバックアップします。

他社との違いはサポート充実度!

人, 屋内, 男, テーブル が含まれている画像

自動的に生成された説明

他社との最大の違いは、大きく分けて2つのサービスがあげられます。サポートの充実度の高さを徹底しているので、多くの企業様にご納得いただけています。

一度の着手金で採択されるまで何度でも挑戦

着手金は、一度だけで何度も請求することはありません。例えば一度不採択となってしまった場合でも、追加の着手金なしで採択されるまで何度でも挑戦することができます。負担を大きくしないサポートを徹底していますので、料金で不安を抱えている方でも安心してご依頼できるかと思います。

採択後も補助金支払いまで一貫してサポート

サポート内容は補助金の申請をして採択されるまでといったところも多く見受けられます。しかし、弊社では採択後も一貫してサポートを行っています。

補助金に関しては、基本的に事業計画書や必要書類を提出したら終了ではなく、その後もあらゆるタイミングでさまざまな申請書や報告書の提出が必要です。この部分で不備があってもよくないため、こういった書類の作成もトータルでサポートしているのが強みの一つです。

補助金サポートを依頼する際の流れ

人, 屋内, 女性, テーブル が含まれている画像

自動的に生成された説明

最後に、ご依頼いただけた場合の補助金申請の流れについて説明していきます。

ステップ1:事業計画書の作成

まずは補助金で採択されるために最も重要となる事業計画書の作成を行います。

ステップ2:申請過程の支援実施

申請過程では電子申請の入力や必要書類の確認などやらなければならないことがたくさんあります。こちらもすべて対応させていただきます。

ステップ3:加点書類の作成

審査を行ううえで大切になる加点書類の作成もさせていただきます。

ステップ4:交付申請書の作成

採択後、事業実施の詳細を確定させ事業開始に必要となる交付申請作業を行います。

ステップ5:遂行状況報告書の作成

事業実施期間中において求められる遂行状況の共有作業を報告する必要があるので、こちらも報告書の作成を行います。

ステップ6:実績報告書の作成

事業がすべて完了した後、実績報告書を提出する義務があります。こちらも報告書の作成をサポートさせていただきます。

上記が主な流れとなっており、弊社以外の対応部分としては決算書等の準備、採択後の成功報酬の半額支払い、事業実施期間の機械装置発注や導入後検証(事業再構築補助金)、補助金入金時の成功報酬の半額支払いのみです。

複雑な作業は全くありませんので、自身で申請する方法と比べると大きく負担を減らすことができます。

まとめ

今回は補助金の申請にかかる手間や、弊社で行っているサービス内容について紹介しました。申請にかかる手間や負担は大きいものとなっているので、「なるべく時間を取られたくない」方や「知識がなくてどのように進めたらいいかわからない」などの悩みを抱えている方は、ぜひ一度ご相談いただければと思います。

お問合せはこちら:https://hojokin-office.essencimo.co.jp/support/